【妊活・妊娠中】女性の必要栄養素ーノーベル賞学者著「テロメア・エフェクト」

Hi! Yukaです。

今日はアイハーブの商品についてではありません。

最近「妊活おすすめ商品記事」がよく読まれているようです。

これから妊娠を考えている方が多いのかなと思い、最近読んだ本をご紹介したいと思います。参考になればいいなと思います。

 

先日、本屋さんを歩いていると、ティファニーブルーの表紙の一冊の本が目にとまり、思わず手にとってしまいました。

特にタイトルになじみはなく、普段なら購入しようと思わないような分厚い本だったため、初日はそのまま棚に戻して帰宅しました。

ところが、どうしても気になって、後日同じ本屋さんで買ってしまったのがこちらの本です!

ノーベル医学生理学賞受賞したエリザベス・ブラックバーン博士の「テロメア・エフェクト」

NHKのクローズアップ現代でも以前特集されていた「テロメア」。健康長寿に大きくかかわっているものだそうです。

この「テロメア」は、妊娠を希望している私にとって、知っておいてよかった!と思える知識となりそうです。

目次

ノーベル賞受賞作者による「テロメア・エフェクト」はどんな本?

以下の書籍を参考にしました。「タイム」誌の「もっとも影響力の高い100人」の一人に選ばれた、ノーベル医学生理学賞受賞のエリザベス・ブラックバーン、健康心理学者エリッサ・エペル著

 

テロメアとは?


画像はイメージです

そもそもテロメアってなんでしょう。

私たちの細胞の中にある染色体の先っぽの部分をさします。

加齢とともに、細胞分裂を繰り返すたびに短くなっていくため、老化と深い関係があると考えられてきました。

ところが、最新科学によると、この長さを保持、伸ばすことができるようなんです!

つまり、細胞を若返らせて、老化を遅らせ、病気を予防できる?!

そんな研究が現在進んでいます。

私たちの生き方がテロメアに影響を与えている

私たちが日々の行動や思考を正すことで、細胞が若返る=テロメアが伸びるのだそう。

・何を食べるか
・精神的苦痛にどう対応するか
・どのくらい運動をするか
・隣人をどのくらい信頼し、どのくらい安心して暮らしているか

など、これらの要因、私たちの選択が、テロメアの長さに影響し、細胞レベルの老化を防ぐ鍵となるようです。

テロメアの短縮要因や、維持方法、伸ばすための秘策などの情報は、上の書籍に細かく書いてあります。

とても参考になりますのでぜひお読みになってくださいね!

プラス思考、瞑想、有酸素運動、オメガ3などが効果的なようです★

自分の生き方が、次の世代に影響を与える?!

あなたの行動次第でテロメアを保持することは可能だ。これはまた、自分の生き方次第で、次の世代に分子レベルの有益な遺産を贈れるということでもある 引用元:テロメアエフェクト

妊活中の私としては、このテロメアが将来生まれてくる(かもしれない)子どもにどんな影響があるのか、とても興味があります!

ここからは、妊娠に関する情報のみにフォーカスして、覚えておきたいことを少しまとめてみました。

出生時にすでに老化?

母親の生物学的な健康やストレスの度合い次第で、そして、おそらくは教育水準次第で、子どもは短いテロメアをもって生まれてくる。

親が卵子を提供するときに、もしも母親の身体の至るところでテロメアが短く、卵子のテロメアも短ければ胎児も短いテロメアをもつことになるだろう。

そうなれば、胎児は発育し始める時点からすでに、テロメアが短いことになる。

母親がテロメアの短縮要因にさらされて暮らしてきたら、胎児に直接、短いテロメアを受け渡す可能性があり、いっぽうでテロメアをしっかり維持できている母親は、安定した健康なテロメアを胎児に引き継ぐことができるそうです。

妊娠女性の食べるものは胎児のテロメアにも影響を与える

子宮内でテロメアの長さに影響を与えるとされる栄養素はいくつかあるそうです。

たんぱく質

不足すると胎児の生殖器官など様々な組織のおいてテロメアの短縮が加速し、早期死亡につながる可能性がることが示唆されている。こうして受けた損傷は第三世代にまで及ぶ(動物実験による)

葉酸塩

先天性障害である脊椎披裂の危険性を低下させ、特定の染色体領域を保護し、DNAの損傷を防ぐ働きがある。
妊娠期に葉酸塩が不足している母親の場合、胎児のテロメアは短く、そのことからも、テロメアを適切に保つには葉酸塩が不可欠だとわかる。
ただ、ある研究からは、母親が葉酸塩のビタミンサプリメントを過剰摂取すると、胎児のテロメアが短縮するという可能性が示唆されている(米国保健福祉省は、妊娠女性は葉酸塩を、毎日400~800マイクログラム摂取するよう推奨している)

コエンザイムQ(ユビキノン

不足すると子どもに悪影響があるようですが、テロメアエフェクト著者によると、妊娠期のコエンザイムQ使用とその安全性については、現段階では推奨できないとのこと。

胎児のテロメアは、母親のストレスに耳を傾けている

妊娠期の母親が極度のストレスや不安を経験すると赤ん坊のテロメアが短くなる傾向にあるそうです。

つまり、胎児のテロメアは出生前にストレスを受けている可能性があるというんです!

妊娠中の母親が受ける、極度の精神的ストレスは次世代に響き、生まれた子どものテロメアの長さに、生後何十年にもわたって影響をおよぼし続けるようです。

ただ、今の時点では妊婦のほとんどが受けるような人間であるがゆえの、軽めのストレスが胎児のテロメアにとって有害だと考えられるだけの根拠はないようです。

ちょっと安心しましたね💦

鳥類の実験では、ストレスホルモンは胎盤を通って胎児に影響を及ぼすようです。

慢性的なストレスは、人間でもテロメア短縮という形で、胎児に受け継がれる可能性はありそうですので、ストレスを溜めない生活を今から心がけたいです!

妊婦への提案

有害物質への暴露を減らす

動物性食品や乳製品に含まれる脂質の摂取を控える。 無農薬野菜か、最低限しっかり食べる前に洗う。天然成分の掃除用洗剤を使う。安全な衛生製品を探す。室内空気のろ過のため室内にもっと観葉植物を置く

負のストレスは避ける

制御できることは制御する

心安らぐ時間を増やす

ヨガや、緑地での散歩

虹を食べる 

鮮やかで濃い様々な色の食物を摂取し、胎児の健康を守る栄養素を補強する。タンパク質、ビタミンD3、葉酸塩やビタミンB12などのビタミンB群を含む食品、魚または良質なオメガ3脂肪酸のサプリメント、プロバイオティクスを十分に摂取する

有機食品を摂取し、食品中の農薬や化学物質を避ける

大型の養殖魚、サッカリン、缶詰の食品を避ける

家庭での化学物質暴露を避ける

濡れたモップで頻繁に掃除する。有害物質を多く発生する可能性のある、ポリ塩化ビニル製のシャワーカーテン、香水、アロマキャンドルのような芳香剤を含む製品は、注意する

あとがき

テロメアの存在を知ったのはごく最近のこと。ですから今までテロメアを意識した生き方はしてきませんでした。

テロメアに良い健康的な生活を送ることで、老化の速度を変えられるわけですから

もしかすると、私の身体の臓器の一つ「子宮」の細胞の老化や卵子の老化も、防いでくれるかもしれませんよね!これからしっかり意識してみます。

また、妊娠中は「必要な栄養素をしっかりとり、できるだけストレスを受けない生活をしましょうね」とはよく聞きますが、それがなぜ必要か、この本を通してしっかり理解できたのは大きな収穫でした!

ただ、サプリメントについては・・・

筆者によると「適切なものを、適切な量を摂る」べきだそうです。これについてはまだ私は勉強が足りていません。

また、妊娠中に不可欠な栄養素の一つは「葉酸塩folate」とのこと。(いわゆる日本で妊活中の女性や、妊婦向けに販売されている「葉酸folic acid」とは厳密にいうと違うようです)

そして、コエンザイムQについては妊娠期の使用とその安全性について調査した研究例はなく現段階では推奨できないとのこと。

また、オメガ3については、食べ物から摂取するのがベストのようですが、サプリに頼るなら、生態系維持の意味からも魚ではなく、海藻ベースのものを選ぶとよいそうです。

まだお腹に赤ちゃんがいない今、時間をかけて適切な食品、サプリを見つけようと思います!

最後に、仮に子供ができなかったとしても、テロメアの長さ維持が、健康長寿につながるわけです。これからの人生を、健康的に幸せに暮らしていくためにも、テロメアプログラムは実践していきたいです。

アイハーブが妊活と健やかな妊婦生活に活かせそうですよね!ぜひご一緒に活用しましょう~~

長くなりましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる