【妊活】東城百合子氏の自然療法食事にもチャレンジしてみたい

Hi! Yukaです。

小さい頃、母にお腹が痛いと訴えれば、「ショウガ温湿布」

風邪で熱がでたら「大根湯」

中耳炎や、のどが痛いと「芋パスター」

こんにゃくを温めたものをお腹に当てられたことも多々ありました。

病院に連れていかれることは、ほとんどなくて、薬を飲まないのにだいたい翌日にはすっかり熱は下がっているんです。

とくに芋パスター(里芋をおろした湿布)の効果は絶大!と、子どもながらにそのパワーに感服していました。

時は過ぎ、母と離れて暮らして早20年。

自然療法のことは一切忘れていました。

年を重ね、自分が親になる年齢となって「なかなか妊娠しない」という現実にぶち当たると、この自然療法に再会したわけです。

妊娠したくてもできない状況で、「不妊」という一種の症状?に悩まされている今、たくさんの情報の中から興味を持ったのが、自然療法。

蛙の子は蛙ですね。。

もちろんお気に入りの「エドガーケイシー療法」も並行して続けながら、主にこれまでの食生活を正す、改善するのが目的です。

あわせて読みたい
【妊活】に取り入れているエドガー・ケイシー療法について
【妊活】に取り入れているエドガー・ケイシー療法についてHi! Yukaです!エドガーケイシー療法にはまっています。The Reading「リーディング」という映画を2018年8月に観て以来、すっかりケイシーに魅了されています。ケイシー...

そこで今回は「東城百合子流・自然療法」について簡単にまとめ、どのように妊活に活かせるか考えてみました。

参考にした書籍はこちら

目次

自然療法について

※ご注意「自然療法」に関する書籍を元に記事を書いていますが、科学的根拠・エビデンスなどがあるわけではないため「こんな考え方があるのかな・・」というくらいに私は考えています。

自然療法における体調不良と改善方法の考え方

細胞に活力を与え、栄養を身体全体に運ぶ「血液」が汚れると、血液は働けなくなり体調不良が起こる。

細胞が活発に働けるように導く…つまり

➀食べ物を正し

➁心を改める

食べ物を正すことで汚れた血液も正常になり、全身の細胞も健康で活発になる。

ただし、心を閉ざすと細胞は活発に働けない。

具体的な手当

身体の外側からこんにゃく、ショウガ、ビワの葉などで手当てをする

食事内容

穀類、豆類、根菜、野草や薬草、あるいは海藻や小魚など、身体に良い食べ物を食べる。
これらに宿るいのち、自然からの見えないエネルギーを身体に注ぎ込むため。

食事の仕方

口から入った食べ物をよく噛むことでこめかみが良く働き、脳につながって神経を活発にする。

脳が活発な活動をはじめると、脳から以上ホルモンがでるようになって心を養う。

生活全般

健康な生活とは食べ物だけではない。衣食住、人間関係がどうなっているのかといった、毎日の生活が関係してくる。

心の在り方

猿まねではなく心で受けてとめる。

心を開き、感謝して自分のことばかりに閉じこもらないで他を思いやり、他のために生きる。

明るく暖かく心を開くと、ゆとりを持って自分を見ることができる。

そうすると自然の食べ物も、自然の手当法も本当に心で受けとめ、自然の親切に感謝してできる人になる。

不妊の人の特徴

甘味品、コーヒー、菓子、くだものなどを好んで良く食べる人は、不妊型で子供ができにくい。。

身体の冷え疲労も不妊の原因となる。

妊娠するためには

食生活の乱れをただす。

食養生も頭からではなく、心で理解する。

身体を冷やさないー大根の葉っぱを干したヒバ湯で腰湯や半身浴をする。こんにゃく湿布をする。

おすすめ衣類

子宮等大事な臓器がすべてお腹と腰の周囲にある。お腹も腰も隠れるような保温の役目をする下着をつける。

皮膚呼吸のためにも、化繊ではなく木綿の下着にする。

 

Yukaはこんな風に捉えてます

なかなか妊娠しないという現実を受け止め、日々、ホ・オポノポノをしていると、色々な情報との出合いがあります。

その中で自分にぴったりだと感じるもの、フィーリングが合うなあ、、と感じるものはウニヒピリさんが「これだよ、これ!」と教えてくれているのだと思います。

さて、東城百合子さんは、確かに

玄米菜食、動物性たんぱく質や白砂糖は身体によくないと言っています。

ただ、すべては調和、バランスが大切であり、あれここれダメと自分でつくった枠の中で、窮屈に食事をとるのではなく

「楽しく明るくゆったり食べれば少しぐらいはみ出しても、身体はちゃんと消化してくれている」と言っています。

「ダメダメ理詰めで言いすぎると、自然食が不自然食になってしまう」とも警告しています。

心が詰まっては、どんないいものを食べても栄養にならないと肝に銘じておかなくてはなりません。

そういえば、東日本大震災の時に食べた、温かいレトルトカレーやカップラーメンは本当にすごく美味しかった!

あの時のカップラーメンは私の命をつなぐ聖なる食べ物でした。

感謝して食べたからこそ、私の栄養となって働いてくれたんですよね。

一方で、ホ・オポノポノの考え方としては

「悪いのは食べ物ではない。もし食べ物で健康を害しているとしたら、それは、私自身が食べ物に対して持っている記憶のせい。長年けがれている、不健康でよくない食べ物だと思い込んでいて、その思いが食事にも影響する」

とイハレアカラヒューレン博士は言っています。

食べる時にマイナスの記憶を

「食事ができることに感謝しますありがとう。体に悪いものと決めつけて、ごめんなさい。愛しています」

とクリーニングすればハンバーガーを喜んで食べることができるはずなのです。

出典:心が楽になるホ・オポノポノの教え

これは良い、あれはダメと判断していることに気づいたら、クリーニングをしてその記憶をまずキレイにする。

それから食べ物にも、食事を作ってくれた人にも感謝することで、東城先生の食事療法がより効果的に身体に働いてくれるような気がします。

なかなか妊娠しないなあ、という方では自然療法やエドガーケイシー療法もぜひぜひ試してみてくださいね~。

もし、まだ基礎体温をつけていなければ、この商品がおすすめです。3種類使いましたが一番使いやすくデータ記録が楽ちんです。7日分の基礎体温を記録してくれるため、一週間に一度だけスマホに転送するだけで簡単グラフ作成してくれます!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる