フローエッセンス個人輸入したけどハーブの煮出し方がわからない!日本語の煎じ方と注意点

Hi! Yukaです。

米国De tox商品売り上げナンバーワンで、超ロングセラーのハーブティー「フローエッセンス」「フローラエッセンス」

液体(リキッド)タイプであればそのまま飲めるのですが、ちょっぴりお高い。

一番お得なのは煮出す、煎じる(ドライ)タイプなんですよね!

目次

米国Detox商品売り上げナンバーワンのハーブティー

Flora, フロール・エッセンス、全身ジェントル・デトックス、2 1/8 オンス(63 g)

1ℓ1,200円!って、本当にアイハーブさんに感謝!

さて、買ってみたはいいけれど、商品の箱に入っている説明書が英語で書いてあるため、煮出し方や注意事項がいまいちよく理解できない…

あらま困ったわ。

という方のために、説明書の中の作り方と注意事項のみ、日本語訳してみましたので、ご活用ください。

訳していて、説明書通りの作り方は、瓶にしっかり入れて長く保管する、または人に贈るために煎じる方向けじゃないかなと感じました。

もし、ご自宅で1~2週間以内に飲み切る予定ならば、もう少しシンプルでいいんじゃないかな~と思っています。

そこで、正規の作り方(説明書を、ほぼそのまま日本語訳しました。煮沸消毒した瓶に入れて、密封後最大90日間保管させたい方向け。手間がかかります)に加えて、

私流の作り方(長く保管するわけではなく、1袋を煮出して1ℓ作ったら3週間で飲み切る予定という方向け。簡単です)を赤字で補足コメント入れましたのでご参考ください。※私は~の部分です☟

普段、お茶はティーバッグ派!ペットボトルからしか飲みません!という方にとっては、「煮出す・煎じる」と聞くだけで、ハードルが高そうに思われるかもしれませんが、私流の方は、それほどストレスなく煮出すことができます。

フローラエッセンスの煮出し方

 

用意するもの(説明書のEquipment Neededを訳しました)

ステンレスの鍋×1(深めがベスト)

目の細かい茶こし(ざる・網)×1(プラスチックかメタルがベスト)

ガラス製の計量カップ×1(パイレックスのような4カップ分計れる耐熱カップ。プラスチックは避ける)※私は使いません

500ml(17オンス)ほどの容量のガラス容器×2(1袋の容量分。茶色のガラス瓶が理想的だが、メイソンジャーのようなガラス瓶でも可)容器は、よく洗ったあと煮沸消毒をする。容器にお湯を注ぎ、湯の入ったお鍋に入れて沸騰させ、10分煮る。蓋も同様に煮沸消毒する。※私は1ℓ以上入る、耐熱の麦茶用のジャーを熱湯消毒して使っています。

※私はお玉を用意します(熱湯消毒して使用)

作り方(説明書のDirectionsを訳しました)

1、約1200ml(8オンスを5カップ分)の新鮮な水を鍋にいれて、ドライタイプ1袋入れ、かき混ぜて蓋をする。

鍋を火にかけて強火で沸騰させる。沸騰したら中火にする(この時に蓋は開けないこと)そのまま10~12分煮る。

2、鍋を火からおろす。(火を止めるだけでよいと思います)鍋の横や蓋にはりついたハーブを中の液体に戻す。※私は茶こしを使って中に戻します。

3、鍋に蓋をして、室温で10~12時間置く 

4、きちんと出たら(steep=お茶が浸み込む・抽出する等の意味だと思います)蓋を外して中身をよくかき混ぜる。再度沸騰寸前まで強火にかける=液体の表面全体から蒸気が上がり、表面に動きが見られるところまで。保存容器を煮沸消毒する。

5、ガラスの計量カップの口に、茶こしをセット。ゆっくりと液体を注ぎ入れる。茶葉(おり)で茶こしが詰まるが、全ての液体が通り抜けるまでかき混ぜる。茶葉(おり)を空にして、作業を繰り返す。※私は消毒済みのジャーの口に茶こしをセットして、そのまま中の液体を全部容器に注ぎ入れています。茶葉が茶こしにたまってくるので、たまったら皿に移すを繰り返します。

6、計量カップ2カップ分の液体を漉し終えたら、煮沸消毒したガラスの容器に移し替える。熱い蓋で密封。日付を書き入れる。冷えたら、冷蔵庫に入れる。密封した容器にいれたフローエッセンスは、90日以内に使いきってください。※私は1週間から10日で飲み切ります

注意点(説明書のImportant Pointsの日本語訳)

1、ご自身で作られたお茶はいつでも必ず冷蔵庫で保管してください。冷凍庫では保管できません。一度開封したお茶を24時間以上放置したものは廃棄してください。(be left outは外に置かれるイメージなので、室温で放置したらということかな)

2、お茶は保存料を含みません。開封したお茶は日持ちしないものとして扱いが必要です。21日以内に飲み切ってください。

3、お茶の出来上がりが1袋につき、1クオート(946ml)よりも少なかった場合、より深い鍋を使ってください。液体が沸騰する時の蒸発を、抑えることができます。

あとがき

アイハーブで購入した、フローエッセンスのドライタイプの箱に同梱されていた説明書の中の、DirectionsとImportant Pointsを訳しました。

一応、英語を使って仕事をしておりましたが、今回は趣味のブログで、あくまでも趣味で訳しています。もし訳に不備があった場合はご容赦ください。また、素人訳であることをご理解いただければと思います。

私流の煮出し方は、正規の煮出し方を一部端折った形です。ご理解いただける方のみ参考にしていただければと思います。

フローエッセンスの飲み方等については、アイハーブのホームページで日本語訳が載っていますので、そちらをご参考になさってください。

堅苦しくなってしまいました~(笑)

アイハーブ以外のサイトや、海外旅行先でフローエッセンスを手に入れた方も、こちらの記事を参考にしていただき、飲めてよかった~!!と思っていただければ嬉しいです! ありがとうございました。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる