エドガー・ケイシー流胎教?!妊娠希望・妊娠中の方へのリーディング

Hi! Yukaです。

さて、今日はエドガーケイシーのリーディングをまとめた本「転生の秘密」を読んでいて、妊娠を希望している人、また妊娠中の人のリーディングを見つけたので、簡単にまとめてみました。

エドガー・ケイシーについてはこちらの記事に詳しく書きました⇊

あわせて読みたい
【妊活】に取り入れているエドガー・ケイシー療法について
【妊活】に取り入れているエドガー・ケイシー療法についてHi! Yukaです!エドガーケイシー療法にはまっています。The Reading「リーディング」という映画を2018年8月に観て以来、すっかりケイシーに魅了されています。ケイシー...

子どもを産む見込みがあるかどうかをたずねた36歳の婦人へのリーディング

あなた自身を肉体的、精神的、霊的にもっとよい水路にしなさい。人は妊娠をただ肉体的な状態とのみ考えがちですが、※ハンナやメリーがどういうふうに心の準備をしたか思い出しなさい。記録に残っているケースはたくさんありますが、何も知られていないものもたくさんあります。しかしそこには長い準備があったのです。※ハンナは預言者サムエルの母、メリーは処女マリア、キリストの母のこと。 引用元:転生の秘密

妊娠希望の方は、たましいの準備が、肉体的準備と同様大切であることを悟らなくてはならないようです。

また、他のリーディングでは…

人間には、造物主がその創造物を人間に見せるための水路となる機会が交接によって与えられてる。だから入ってくる新しい生命の性格は一部は両親のありかたで決まるものだから、この機会を創るときのあなたの態度と相手の態度に注意しなくてはならない。引用元:転生の秘密

両親とは「生命が流れ霊魂が化身するための水路である」

そのため、ある神聖な意識をもって結婚関係に入るべきで、性の創造力は神から与えられた特権であることを、十分に理解するべきだというのです。

興味深いのは「入ってくる新しい生命の性格の一部は両親のありかたで決まる」という部分です。

また、性格の他、持って生まれる才能や好みなどのタイプもどうやら親の態度や思考に左右されるようです。以下、妊娠中の人へのリーディングの抜粋です。

妊娠中の人へのリーディングの抜粋(ケイシー流の胎教?!)

問:これからの数か月私はどういう心のもちかたをしたらよいでしょうか。

答え:あなたが欲しいと思う子供のタイプによります。もし音楽の才のある芸術的な子供を欲しかったら、音楽や美や芸術について考えなさい。また徹頭徹尾機械的な人間が欲しいと思うならば、機械のことを考え機械をいじりなさい。そんなことをしても効果がないなどと考えてはなりません。ここにすべての母親が知らなくてはならぬことがあります。それは妊娠中の態度はその両親を水路として生まれてくる霊魂の性格と非常に関係があることです。

引用元:転生の秘密

「妊娠中の心のもち方が、呼び寄せられる霊魂のタイプをある程度決定する以上、妊娠中の想いに注意するように」ケイシーは助言しています。

このリーディングでは、お腹の中の子どもがどう育ってほしいのか考え、両親の願いを胎児に意識を向けて、特定の音楽を聞かせたり外国語で語りかけたりする、いわゆる「胎教」のことをケイシーは言っているのではないでしょうか?

霊魂が肉体に宿るのはいつか

霊魂が肉体に宿るのは誕生の少し前か、誕生後少したってから。

誕生と同時、生まれて24時間もたってから霊魂が宿ることもあるそうです。

しかも入ってくる霊魂が最後の瞬間に変わることもあるようです!

霊魂が宿るまでは肉体は精霊によって生きているということでした…不思議~。

参考文献

おわりに

なかなか難解で、完璧には理解できませんでしたし、頭がくらくらしてしまいましたが…

「子どもをこの世の中に送り出す機会を与えられたカップルは、妊娠に結び付く行為から妊娠、出産を神聖なものとしてとらえるべき。

そして肉体的だけでなく魂を磨き、妊娠したならば、自分の望むタイプの霊魂を迎え入れられるように思考に注意する」という

ことでいいのかな…と自分なりに解釈しています。

妊活をしていると、妊娠することがゴールになるのは当然のこと。

「なぜ子どもが欲しいのか」「どんな子どもに育ってほしいのか」など深く考えることなく、時には相手への思いやりや愛情も忘れて子作りすることだけに、必死になってしまいがちですよね…。

本来は、妊娠・出産というのは、新しい魂をこの世に送り出す、とても神秘的で重要な仕事のはず…

あらためて、子どもを授かることの神聖さについて考え、より自分自身の肉体と精神・たましいの研鑽に努め、夫への愛情や態度も見直さなくては…と考えさせられました。

そして、妊娠中のリーディングのパートについてですが、かなり面食らってしまいました…

えっ!魂って受精の瞬間に宿るんじゃないの?魂のタイプを母親が呼び寄せているの?

それじゃあ「胎教」として胎児にあれこれ教えたり、こうなって欲しいと願って声をかけたりして胎児とコミュニケーションをするのは、胎児を教育しているわけではなくて、望むタイプの魂に「さあ、ここがあなたにぴったりの入れ物ですよ。どうぞここへいらしてください!」とアピールするようなもの??ちょっと違うかな(笑)

輪廻転生があると考えると、何もできない赤ちゃんとして今生は生まれてはくるものの、魂は何度も色々な人生を歩んできているわけですから、そう考えるのも自然なことのような気がしました。

もちろん、これはケイシーのリーディングによるもので、現在の科学では証明されていないことなのですけどね。

こんな考え方もあるようですよ!

親として魂に選んでもらえるように精神的にも霊的にもパワーアップしていきたいですね。

妊活している方、妊娠中の方、一緒に楽しく頑張りましょう~

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる